プライバシーポリシー

米food研究所株式会社(以下、「当社」といいます)は、「個人情報の保護に関する法律」(以下、「法」といいます)に基づき、個人情報の適切な保護と利用に関する取組方針(プライバシーポリシー)を制定し、公表いたします。

取組方針について

当社は、個人情報の適切な保護と利用に関し、関連法令等に加えて、本ポリシーに定めた事項を遵守し、お客さまの個人情報の適切な保護と利用に努めるとともに、情報化の進展に適切に対応するため、当社における個人情報保護の管理体制およびその取り組みについて、継続的な改善に努めます。

個人情報の利用目的について

  • (1)当社は、お客さまの個人情報について、利用目的を特定するとともに、法で定める場合等を除き、その利用目的の達成に必要な範囲内において利用いたします。

  • (2)当社は、特定の個人情報の利用目的が、ご本人の同意を得たもの以外で利用いたしません。

  • (3)当社は、電子メールの送付やテレマーケティング等のダイレクト・マーケティングで個人情報を利用することについて、これを中止するようご本人よりお申し出があった場合は、直ちに当該目的での個人情報の利用を中止いたします。

個人情報の適正な取得について

当社では、前記「個人情報の利用目的について」で特定した利用目的の達成に必要な範囲で、適正かつ適法な手段により、お客さまの個人情報を取得いたします。

個人情報の第三者提供について

当社は、法に定める場合を除き、あらかじめご本人の同意を得ることなく、お客さまの個人情報を第三者に提供することはいたしません。

安全管理措置について

当社は、お客さまの個人情報に関し、情報の紛失・改ざんおよび漏えい等の防止のため、適切な安全管理措置を実施いたします。また、お客さまの個人情報を取り扱うすべての役職員に対し、個人情報保護の重要性についての教育を行うとともに、お客さまの個人情報を委託する場合には、委託先について適切に監督いたします。

開示請求等の手続きについて

当社は、法で定める開示請求等の手続きに関して、適切かつ迅速に対応いたします。
 

お問い合わせについて

当社は、個人情報の取り扱いに関するご意見・ご要望につきまして、適切かつ迅速に対応いたします。当社の個人情報の取り扱いおよび安全管理措置に関するご意見・ご要望・お問い合わせにつきましては当社宛てにお電話またはe-mail、その他の連絡方法により、お申し出ください。

 

反社会的勢力に対する基本方針

米food研究所株式会社(以下「当社」といいます。)は、反社会的勢力による被害を防止するために、以下の基本方針を宣言します。

 

  1. 当社は、反社会的勢力との関係を一切持ちません。

  2. 当社は、反社会的勢力による被害を防止するために、警察・暴力追放運動推進センター・弁護士等の外部専門機関と連携し、組織的かつ適正に対応します。

  3. 当社は、万が一、反社会的勢力と知らずに取引があった相手方が反社会勢力であることが明らかになった場合、速やかに前項に示した専門機関と連携して適切な措置を講じます。

  4. 当社は、反社会的勢力の不当要求に対応する役職員の安全を確保します。   

  5. 当社は、反社会的勢力による不当要求には一切応じず、毅然として法的対応を行います。

  6. 当社は、反社会的勢力への資金提供や裏取引を行いません。